読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

腕時計のベルト調整なら、天王寺MioのKoyo 〜大切にココロ豊かに〜

ベルト調整、何処でしようかなぁ

時計を買ったので、まずベルト調整をしないとね。

 

買ったお店でしてもらうのが当たり前ですが、ネットで買ったので、近所に信頼できるリアル店舗があるのは、重要です。

 

検索してみると、天王寺Mioにありました。

 

店舗・ショップ一覧 | ブランド時計と腕時計の正規販売店なら大阪・東京の光陽

 

早速行ってみました。

 

小さいお店です

天王寺Mioプラザ館3Fのこのお店、考えてみればよく近くを通っています。それなのに気付いていません。人間の記憶の不確かさを痛感します。

 

確かに目立たない場所ではあります。

 

時計を実店舗に買いに行くなら、品揃えを重視したくなる気持ちは分かります。その意味では、こういったお店は不利なのかも…。

 

けれど、修理なら却ってこっちの方が信頼感高い、と僕は感じます。一個一個丁寧に対応してもらえそうに思います。

 

「時計修理技能士」と書いたプレートがカウンターに置いてありました。

 

命を吹き込んでいただきました

腕にゆるゆるのベルトを巻いて見てもらうと、「2コマくらい抜きましょう」というお返事。4、5件先客がおられたので、3時間くらい後にもう一度行くと、出来上がっていました。ピッタリです。

 

 

f:id:molineblog:20160525212026j:plain

 

f:id:molineblog:20160525212404j:image 

 

一瞬でしたね。本当の意味で僕の時計にしていただきました。ありがとうございました。

 

 治せないものもある

上の子は4年生になったので、学童でリーダー的役割を任される機会が増えているらしい。団体で動く時に、腕時計が必要になってきています。

 

すぐに、そこらへんに落としたり、ぶつけたりするに決まっているので、新品を買い与えるのは、すこし気が引けます。

 

そこで、奥さんが昔使っていた、Baby-Gを引っ張り出してきました。電池が切れたので、そのまま放置されてきたもので、新しいのに入れ替えたらいいだけです。子どもにはこれで納得させました。

 

バンド調整と一緒に持って行くことにしました。

 

 

f:id:molineblog:20160525214022j:image 

 

 

ところが、このプラスチックケースを開ける際に、ケースが破損する可能性が高い、と言われました。

 

経年変化で、プラスチックがくすんだ色に変わっています。強度がかなり落ちているそうです。

 

割れるのを承知の上で依頼するか、新しいのを買うか…。

 

命は使い切ってナンボ

何でもそうですが、大切に大切に仕舞い込んでいては、それを十分生かすことにはなりません。

 

使い切ることが、本当の意味で大切にすることになるんです。

 

十分使えるのに、部屋の隅に押し込まれたままの何か、ありそうです。

 

ちゃんと命を吹き込んでいきましょう。自分の命だって同じこと。しっかり使い切りましょう。

 

身の回りを風通し良くして、みずみずしく生きていくべきです。ココロがカサつかないように、しっかり整えながら進みたいです。

 

 

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -