読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

居心地のいい場所が確保できたら創造力が最大限発揮されるよ、きっと

2日前に、梅田蔦屋書店のことを書きました。

斬新な本屋さん、というか本屋さん的スポット。

 

molineblog.hatenadiary.com

 

 

地元阿倍野にもいい所があるんですよ〜、って前から思っていたら、ふたつまとめて産経新聞が記事にしていたので、びっくりしました。

 

www.sankei.com

 

 スタンダードブックストアへ行ってきたよ

 あべのHoopの6Fにある、ベストセラーを置いていない本屋さん「STANDARD BOOKSTORE」

 

梅田と心斎橋に続いて、大阪で3店目だそうです。

 

 f:id:molineblog:20150725005405j:image

 

おすすめポイントは、肩肘張らない居心地の良さでしょうね。変に豪華過ぎたりせず、ふかふかソファなんかありません。明るい照明なので、隅の方でシブ〜く寡黙にコーヒーを啜っていたら浮きます、きっと。

 

席を確保したら、食べ物をオーダーして、本を勝手に棚から取ってきて好きなように読んでくれ、と書いています。言われるままにやってみます。長居されたら店は困るだろうなぁ、と思いながらも、少ししたら気持ち良くなって自分もそうしていました。

 

内装には、小豆島とも縁がある、デザイン会社の「graf」が関わっているそうで、自宅リビングの延長のようでも、キラッとお洒落な雰囲気が漂っています。

 

だから、いつも賑わっています。

 

オーガニックアップルジュースを注文したら、ハチミツの瓶みたいなグラスに入ってきました。暑くなってきたら冷たいものが飲みたくなりますが、炭酸ばかりでは体に悪そうだし、こういうのがいいですね。

 

f:id:molineblog:20150725005429j:image 

 

こんな人いっぱい居たら楽しいよ 

このお店の運営会社の社長さんは、産経の記事にも書いてあるように、「人の集まる場所を作りたかった。きっかけは雑貨でも本でもカフェでも何でもよかった」と仰っています。

 

これって、何十年も前から僕も考えていることです。人が集まることは、それだけで何やら楽しい予感がしますよね。

 

人を集めて楽しいことしよう、盛り上がろうよ、って考えている人がもっといっぱい居たら、これはかなりワクワクする状況ですよ。

 

いつかそんな風になればいいのに、と思っているだけじゃなく、当事者になるチャンスをいつも窺っていたいです。人生は、あらゆる面で豊かであった方がいいに決まっていますからね…。

 

 f:id:molineblog:20150725015011j:image

 

f:id:molineblog:20150725015155j:image

 

まとめ

思っていることを長年胸に抱えて、それを実現させていける人って、とにかくそれだけで尊敬の対象ですね。

 

夢物語みたいのものも含めれば、僕もいっぱい持っています。それを大切にしたいです。

 

一歩でも近付くために、とにかく動く自分に変わっていきます。行動のないところには、絶対に何事も起こりません。