読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

谷本涼レフェリーの活躍に期するもの 〜島からでも世界は見える〜

およそサッカーとは関係なさそうな島

「谷本涼」なんて名前、誰も知らないだろう。僕だって知らなかった。

 

小豆島は野球の盛んな島だ。この春の、小豆島高校野球部の活躍ぶりは記憶に新しい。でも、他の競技だって負けてはいない。世界をも視野に捉えた子供たちが、今は無名だが力を蓄えつつあるかも知れないのだ。

 

小豆島高校の初めての甲子園出場に、島が沸きかえるのとほぼ同時期、サッカーJリーグに審判としてデビューを果たした若者が、谷本涼28歳だ。小豆島高校出身。今は大阪に住むらしい。

 

今日までに、J3で6試合の主審を担当したようだが、その細かいデータが公開されている。それを読み解く経験も技量も僕にはないが、サッカーのためにも、自分のためにも、島のためにも是非頑張ってもらいたい。

 

 

f:id:molineblog:20160822165554j:image 

▲J2に試合にも第4審判として出場されているようです

 

 

およそサッカーとは無関係そうに見える小豆島から、こんなにもサッカーに打ち込む人が出たことが、たまらなく嬉しい。どこで育ったかなんて、何の制約条件にもならないのだ。どこからでも、どの瞬間からでも世界を目指していいのだ。それが、島の子供たちに一番感じて欲しいところだ。

 
 
  

ゴールネット を作る「 ラ・レーテ」

イタリアに「モンテ・イゾラ」という人口わずか2,000人足らずの島があるらしい。そこにある「ラ・レーテ」という網を作る会社。社員は数十人。島の存在も、会社の存在も、ほとんどの人は知らないだろう。

 

でも、我々がテレビで見るようなプロスポーツで使われるネット、サッカーのゴールネットやテニスのネットなどは、ほぼ100%この会社の製品らしい。今度は逆に、見たこともないという人を探す方が難しい。

 

サッカー強国イタリアにあるということを除けば、ほとんどサッカーとの関わりがあるとは思えない。

 

こんなことが可能なのだ。

 

 

www.starbrand.co.jp

 

 

谷本涼に続こうじゃないか!

「小さな田舎の島だから」と勝手に可能性を狭めてしまっているのは、自分自身の思考でしかない。狭めるのも、広げるのも自分なんだ。

 
「およそサッカーとは関係なさそうな島から、こんな選手が出たで〜!」
 
「およそテニスとは関係なさそうな島から、トッププレーヤーが…」
 
ワクワクするじゃないか。見たこともない世界に挑んだ方が、人生は豊かで楽しいものになっていく。そう決まっている。
 
 

f:id:molineblog:20160822175611j:plain