読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

「世界一やさしいブログの教科書一年生」でパワーアップを目指すぞ!

「ブログの教科書」は第一選択の入門書

2017年は、ブログを成長させる。これが目標だ。

 

WordPressに移行して、PV10倍増を目指す(大きく出たね〜)。

 

少額でも良いので、収益化の足場を固めたいし、リアルな繋がりが生まれたら嬉しい。

 

そこで、1から復習の意味を込めて読んでみたのが、「世界一やさしいブログの教科書一年生」という本。

 

とても読みやすくて勉強になるし、改めてブログに対する意欲が掻き立てられる。

 

さっそく紹介する。

 

 f:id:molineblog:20170122221721j:image

 

 

 

ブログの門を叩くのは超簡単

自分が「発信者」になるなんて、ほんの20年前までは、あり得なかった。しかし、現代ではITの力がそれを可能にしている。その気になれば、誰にでも始められるのがブログの最大の特徴だろう。

 

だからこそ、続けることが最も重要な要素になる。僕がこのブログを始めようとした時にも、聞いた言葉がある。

 

「始めようと思った人100人中、実際に始める人はたった1人。始めた人100人の中で、継続できる人はたった1人。」

 

僕は、すでに現時点で、10,000人に1人の選ばれた人になっている、と自負している。

 

 

人気ブログの秘密

でも、やっぱりそれだけでは足りない。モチベーションにも、正直なところ波がある。僕なりに不足していると感じることと、この本に書いてあることは、ほぼ一致する。

 

ひとつは、読み手に価値ある情報を届ける、という視点が欠けている。あとひとつは、こだわりが足りない。

 

何を求めている人に、どんな価値を提供するのか?マーケティングの〝基本のキ〟じゃないか!大量のアクセスを目指すのではなく、少数でも、その情報を必要としている人に、確実に届けるという意識を強く持つよう変えていきたい。

 

それと、僕の場合は決定的に勉強量が少ない。どこを取っても〝適当に〟やっている。この本を皮切りに、何冊も読み込むくらいでないと、奥深さが分からないままに終わってしまう。

 

 

僕にだって出来るかも

人気ブロガーの方々の、実例がたくさん紹介されていて、自分にだって出来るかも、と調子に乗ってしまいそうになる。

 

それでいいんだ。信じた未来が必ず訪れる。

 

立花岳志氏のセミナーに何回も出席して、「やってみよう」と思ったことが、僕のブログへの入り口だった。何度も復習して、こんな本の助けも借りながら、どんどん刷り込んでいけたら、それでいい。

 

そして、もちろんすでに気付いている。何事を為すにも、その王道があることを…。

 

どの方の口からも出る指南の言葉が、いっぱいに散りばめられたこの本を、時折原点に戻る気持ちで読み返すことが、今後もきっと繰り返されることだろう。

 

 

 

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

 

 

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座