読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

成功したか?より、正しい行動の数を評価しよう

再チャレンジしたろかな?

バイトでも正社員でも、どっちでも良いので、テニスショップで働いてみたいのだ。

 

「サイクルショップがいい」なんて言ってるくせに、訳わからん?

 

自分としては、そんなことはない。

 

やりたい事には、全部挑戦すべきだという考え方だ。だって、好きなことに一所懸命になれる人生こそ、目指すべき最高の生き方じゃないか!しかも、僕はもう50代。残された時間は、そう長くない。

 

あるテニスショップの求人に応募したら、ここでも体良く断られた。

 

実は、このお店には過去にも一度応募して門前払いを食らっている。

 

 

molineblog.hatenadiary.com

 

 

電話ではそのことについては触れずに、話を進めた。「営業中なので、後ほど折り返しお電話します」と言われた。

 

断る時のパターンなのだろう。それくらいは、ピンとくる。

 

1時間後に掛かってきた電話では、「今回は、女性を募集していたので…」と言われた。

 

なるほど、断る口実はいくらでもある。いずれにせよ、同じ店への再チャレンジも粉砕した。

 

 

変な人、募集中

こうして「面接すら受けさせてもらえないのかぁ…」という現実を突き付けられる日々。

 

さすがの僕も、1日に2件から不採用を告げられたことはなかったが、今回はその自己記録も更新している。

 

でも、これはチャレンジしているからこその結果でもあるので、方向性は正しいと自己評価しておく。

 

 

f:id:molineblog:20160926145206j:plain

 

 

そもそも、オモロイ奴やなぁ、と思ってもらえない場所では働きづらい。類は類を呼ぶので、無理やり所属しても結果的に浮くだろう。就活は、収入源を探す行為ではなく、「居場所」を探すことでもあるのだ。

 

セミナーなんかに参加したら、価値観ジャストフィットな人達がいっぱいで、〝初対面なのにノリノリ状態〟ってことはよくある。

 

毎日が、朝から晩までそんな感じだったら、人生の進み方が何十倍速にもなって、えらい事になってしまう。

 

やって来やがれ!受け止めてやる。そんなわけで、「変な人、募集中」なのである。