読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

40歳からの視力回復法 〜目だけではない、脳を若返らせるのだ〜

52歳の僕は、御多分に洩れず老眼だ。スマホもパソコンも、見ない日はない。目に良くないのは、当然自覚している。でも、半ば諦めている。

 

そんなことではダメだ!と、強く思わせてくれる本を、ここにご紹介。これは為になること、間違いない。

 

 

f:id:molineblog:20160920234055j:image

 

 

待ちの姿勢では治らない

まず冒頭に、現在の医学では近視、遠視、乱視、老眼等、主だった目の病気に対しては全て治療は手付かずです、と言い切っている。メガネやコンタクトで矯正するだけで、決して治してはいない、という意味だ。

 

なかなかに言いにくいことを書いておられるなと思ったら、この著者の中川和宏さん、お医者さんではないようだ。

 

アメリカの「ビジョンセラピー」を日本に初めて持ち込んで、目と脳の機能を守るセンターを開設された方らしい。

 

お医者さんの手に頼るばかりでなく、目や脳の機能を高めるトレーニングを用いて、回復させようという考え方は、街の整形外科に診てもらうような、特に重篤ではない病気については自助努力が第一選択だ、と思っている僕とも通じるものがあって、興味深い。僕は整形外科が専門なので、そのあたりについてよく分かっているつもりだ。悪口ではない。

 

 

www.kazushin.com

 

 

理屈はよく分かる

  1. 目の周りの筋肉を鍛える
  2. 目の血行をよくする
  3. 脳を活性化して脳内視力を高める

 

どれもすんなりと納得出来ることばかりだ。自分でやるだけで、少なからず効果はあるだろう。

 

ちなみに「脳内視力」とは、目からの視覚情報を受ける脳の受容能力とも言えるもので、例えば目に問題がなくても、脳が老いてしまっては十分に見えないこともあり得る。

 

 

やってみた

「実践編」として紹介されているトレーニング法を、全部試してみた。

 

1回や2回やったくらいで、効果が出るだろうとは思っていない。しかし、目の周りが温かくなって、血行が良くなってくることが実感できる。それに、普段はあまり使わない筋肉を使ったことによるものだろう、心地よい疲労感が残った。

 

率直に、「これはイケるかも知れない」と思えてきた。この「イケる!」という感情が、前述した「脳内視力」にも好影響をもたらすはずで、しばらく続けてみる価値は、充分にありそうだ。

 

 

f:id:molineblog:20160920234510j:plain

 

 

生きる意欲の低下

話はさらに大きくなってくるが、「見る力が生きる力を高める」というところには、なるほど、と心底唸らされる。

 

頭上から重いものが降りてきて、それを両手で支えるとしよう。見えていれば、まっすぐに腕を伸ばして押し返すことができる。しかし、同じ重さでも、目を塞いでしまうといとも簡単に腕が下がってしまう、ということが起きるそうだ。

 

つまり、やる気、気力のレベルが、格段に落ちる。根性論とかではなく、科学的に「行動力」の低下があるのだ。生き方そのものを、消極的な方向へ変えてしまって、老化を一気に進めてしまう原因になりかねない。

 

 

若返るのだ

視覚は五感の中でも、一番占める割合の大きいものなので、それだけ脳に与える影響も大きいと言える。肉体が老いることは自然だが、脳をどんどん「見る」という面から刺激し続けて、若さを保つのは可能だろう。

 

目のことについて主に書いてはいるけれど、結局「やってみよう」、「できるはず」という気持ちになれるかどうか。

 

安易に、「仕方ない、老眼鏡やな」と思うのは、しばらく棚上げにしよう。そして、なんでもチャレンジするぞぉ〜!という気持ちは、絶対に失わないのだ。

 

 

 

図解トレーニンク゛ 眼の老化は「脳」で止められた!

図解トレーニンク゛ 眼の老化は「脳」で止められた!

 

 

 

どうしたら目はよくなるの?―子どもの視力に不安を感じたら読む本

どうしたら目はよくなるの?―子どもの視力に不安を感じたら読む本