読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

プロフィールをやっと公開しました 〜これまでろくに自己紹介もなく、失礼しました〜

今度こそ、プロフィール書くよ

 このブログを始めたのは昨年の1月末だから、もう1年半以上前。

 

ずぅ〜と「プロフィールを書いた方がいい」と言われ続けていたが、やっと公開にこぎ着けた。

 

世界新記録ではないかも知れないが、現時点ではここが自己ベスト。 

 

どうかご覧になってみて下さい。

 

 

f:id:molineblog:20160902162209j:plain

 

 

下書きはどんなに沢山あっても「下書き」

立花岳志さんのセミナーでも、何回も聞いている。

 

「本を読む時にも、巻末の著者のプロフィールを読むでしょ?誰だか分からない人の文章では、興味が薄れるでしょ?」その通りだ。

 

同時に、「下書きは、公開しない限り、いつまで経っても下書きのまま」も、よく聞いている。下書きがどれだけ沢山あっても、何の価値もない。ましてや、プロフィールの下書きなんか、何のためにあるのか意味不明。

 

 

この感覚を大切に

未完了なものをどこかに残してしまうと、その不完全さが引っ掛かって、自己否定が強くなっていく流れを生みやすい。すべきことは、どんどん消化して溜め込まないこと。それが大切。それを心掛ければ、処理スピードも上がるし、いつもスッキリでいられる。

 

大掃除の後に、「もうこれからは、絶対にその都度片付けるようにするぞ」と決意する時の感覚だ。どんどん回して、澱みのないようにしたい。

 

 

f:id:molineblog:20160902160908j:plain