読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

実現したも同然 〜好きなことだけ考えて、イメージに色と匂いを付けていく〜

何度も言うが、僕はその昔、船に乗りたいと思っていたのだ。

 

スキーを始めた頃から、「男は山を目指すのだ!」とか言って調子に乗ってしまったが、歳をとるに従って、郷愁を掻き立てられるのか、やっぱり海と触れていたい気持ちが増してきた。

 

そんな時に飛び込んできたENRICHの記事。僕は、もちろん富裕層ではないけれど、高収入の人や高学歴の人に共通するのは、挑戦意欲が高いところだと思う。自己肯定感が強く、不可能だなんて考えない。大いに見習うべき点だと思うので、好んで読んでいるメディアのひとつだ。

 

 

www.enrich.jp

 

 

 

どこかの瞬間に諦めた

そう言えば、4級船舶免許を取ろうと思ったことがあったはずだ。本を買って読み始めた。もしかしたら、今も実家にあるかも知れない。

 

現状で、僕がその免許を有していないということは、どこかの時点で諦めたからだ。

 

やりもしないうちから、できない理由を並び立てたからだ。

 

 

f:id:molineblog:20160830161812j:plain

 

最後のチャンス

これからも僕は、何かにつけて、新しいことに挑む機会を得るだろう。でも、それらは全て「最後のチャンス」かも知れないのだ。あまり悠長なことを言っている場合でもないことを、強く意識する必要がある。

 

 

恵まれた環境が用意されている

この夏は、いつもの小豆島のカヤックツアーに参加できなかった。こちらの始動が遅すぎて、自然舎の山ちゃんにはご迷惑をかけてしまった。また、よろしくお願いします。

 

でも、小豆島ツアーズの久保さんもそうだけど、周りに海と関わる人たちがたくさんいることは、心強い。

 

 

jinensha.com

 

 

www.shodoshima-tours.jp

 

 

 

 ウインドサーフィンカヤックジェットスキー、クルーザー。限界を作ってしまわず、イメージを高められるか…。

 

やってみよう。

 

立花岳志さんも教えてくれている。望む→決める→信じる→行動だ。これだけで、全て叶うのだ。