読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

QUANTUM OF THE SEASは世界最大級豪華客船なので、一目では把握しきれない

僕の船好きは、一生治りそうにない。神戸に豪華船が入ると聞けば、じっとしてはいられない。

 

 

最大級だが、最大ではないのだ 

今日見てきたのは、「QUANTUM OF THE SEAS 」、総トン数167,800トン。全長348m。上海をベースに、主にアジアクルーズに就いている船だ。

 

とにかくデカイ。そうとしか言いようがない。高さ300mのあべのハルカスを、横倒しにして浮かべたとしよう。それよりも、まだふた回りは大きい。

 

小豆島へ行く時にいつもお世話になっている、ジャンボフェリーの約55倍。おりいぶ丸の約140倍だ。

 

 それでも、同じクルーズ会社に所属する、世界最大客船「HARMONY OF THE SEAS」の、226,000トンには遠く及ばない。

 

 

f:id:molineblog:20160826001720j:plain

 

 

入港シーンは、一種のショー

接岸は、神戸港第四突堤の東側バース。巨大船は大抵ここだ。ポートライナーの「ポートターミナル駅」を降りた目の前。三宮からはふた駅。

 

 

f:id:molineblog:20160826001821j:plain

 

 

それにしても、こんなに暑い中、しかも平日の昼間に、わざわざお迎えに出向くなんて人が居るんだろうか?

 

しかし…、居るわ居るわ!驚いた。

 

知り合いが乗っている、って風でもない。1時間ほど前から、大混雑だ。

 

 

f:id:molineblog:20160826001949j:plain

 

 

f:id:molineblog:20160826002009j:plain

 

 

ポートアイランドの東側から進入してくるはずだ。西側からは、港大橋がくぐれないので入れない。

 

まだか?

 

f:id:molineblog:20160826002638j:image 

 ▲ タグボートもスタンバイ完了

 

 

午後3時。「来たぁ〜!」「デカイ!」

 

 

f:id:molineblog:20160826002920j:plain

 

f:id:molineblog:20160826003025j:plain

▲ 歓迎放水

 

 

 迫ってきた。だんだんカメラに収まりきらない。

 

 

f:id:molineblog:20160826003655j:plain

 

 

f:id:molineblog:20160826003742j:plain

 

 

タグボートの力も借りているとはいえ、この操船技術は圧巻の一言。静かにゆっくり、近付いた。接岸作業だ。

 

 

接岸もまたエンターテインメント

接岸作業にも時間を忘れて見入ってしまう。

 

この、船から外に張り出した場所に立つオッちゃんが、前後合わせて数十本にもなるロープ作業を、指笛と無線で指揮する。

 

f:id:molineblog:20160826084939j:image

 

 

 船員さんは、多分南米や東南アジアの人が多い。ポルトガル語なのか、訛りの強い英語なのか、そんな感じの声が飛び交っているのが聞こえる。陸上の作業のオッちゃんには通じていないだろう。それでも「Hey!」の大声と身振りで、次々とロープ(ホーサーという)が係留柱(ビットという)に掛けられていく。

 

着岸。大量の風船が放たれた。

 

 

 

f:id:molineblog:20160826085746j:plain

 

 

今一度、見上げてみよう

さて、この巨体をじっくりと見てみたいが、外からはよく分からない。デカ過ぎる。

 

 

f:id:molineblog:20160826102333j:plain

▲ ブリッジははるかに高い

 

f:id:molineblog:20160826102443j:plain

▲ まるでショッピングモールの看板

 

f:id:molineblog:20160826102844j:plain

 ▲ マンション?

 

f:id:molineblog:20160826103012j:plain

▲ バルコニーに洗濯物 ちょっと庶民的

 

 

イメージできない

僕は子供の頃、船乗りになりたかった。でも、当時こんなにデカイ船は見たこともないし、頭の中にさえなかった。

 

そして今、現実にこの船を目の当たりにしても、実はとても戸惑っている。あまりの浮世離れ感に、素直に自分の中に落とし込むことが出来ないのだ。

 

乗ってみたい、乗れるだろうか?どうでもいいし、イメージすら出来ない。

 

 

夢はデカイ方がいい?

 振り返れば僕の半生、ずっと軟弱路線を貫いてきた。そんな言葉はなかったが、今で言うところの「草食系」だ。「人の価値はそんなもので決まらない」と、お行儀の良いことばかり言って、腰の引けた闘争本能に欠ける奴らばかり量産した結果が、今の日本だと言える。

 

もちろん、無限に時間があるわけじゃなし、これからは、思いっきり背伸びすることにシフトしてみるのも、有りだろう。

 

 

一歩ずつ、なりたい自分に近付くのだ 

そうだ、「これ乗ってみたい?」と妻に尋ねてみよう。

 

「アホなこと言うてんと、子守り手伝って!」と言われるだろうか。

 

その通りだ。でも、静かに「待ってるよ」と言ってくれる妻であって欲しい。

 

そう、そこは男としての僕の器量が問われているに過ぎない。最高の自分を目指さないで、どうする?

 

 

 

f:id:molineblog:20160826113037j:plain

 

 

今後の神戸港の客船入港予定はこちら。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/harbor/passenger/schedule/

 

 

 

 世界最大クルーズ会社へのアクセスはこちら。

www.royalcaribbean.jp