読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

シチズン プロマスター エコドライブ電波時計 BY0080-57E  〜僕を輝く未来へ導いてくれる相棒であれ〜

腕時計を買うことにした。

 

これまでも何度かにわたって、ソーラー電波が良いだの、機械式時計が良いだの言ってきたが、ソーラー電波時計一本に絞って探すことにした。

 

1日で数十秒も狂ってしまっては、ほぼ時計としての機能は無い。アクセサリーを着けたい訳ではないので、実用性の高さで決めよう。

 

それでも、ちょっとしたこだわりもある。

 

  1. 奇抜なデザインはNG
  2. 時計メーカーブランドを
  3. 秒針が目立たないもの
  4. ベルトはメタル
  5. リューズは丸型
  6. キラキラひかりもの
などの条件を挙げてみた。
 
 

シンプル is ベスト

そもそも、50歳を超えてランニングウォッチしか持ってない、ではカッコ悪い、という所が出発点になっているので、大人らしい落ち着いたデザインを選ぼう。冠婚葬祭すべてに対応出来た方がいい。
 

Cartier」より「SEIKO」

ファッション目的じゃないので…。文字盤に「Louis Vuitton」なんて書いてると、気恥ずかしい。そんなエレガントな格好をすることは、年間でも殆どなし。時計メーカーの名前がしっかり入っている方が、自分らしい。
 
 

 秒針の動きが気になる

それでもやっぱり機械式時計が味わい深いなぁ、と思う理由のひとつが、秒針の動きだ。あの細かく連続的に、かつスムーズに「チチチチチチ」と進む様は美しい。クウォーツが1秒ごとに「カチ、カチ、カチ、カチ」と刻むのに比べて、ずっと趣がある。

 

電波時計はもちろん後者の「カチ、カチ、カチ、カチ」なので、ここは目立たず隅の方にお引き取りいただこう。

 

クロノグラフなら、秒針はド真ん中から外れて、ごく小さく端っこに鎮座する。これなら問題ない。

 

できればメンテフリーが良い

汗かきなので、ベルトが革製だとすぐ傷んでしまいそう。金属製が無難だろう。

 

クラシック感も大切に

リューズは、丸くてデカイ方がトラディショナルな感じが出る。角ばったボタンだったり、メインのリューズが無かったりすると、ちょっとぶっ飛び過ぎてて好きになれないかも…。

 

 f:id:molineblog:20160525021822j:image

 

 

 キラキラ目立って、運気を呼び込め

ケバケバしいのは論外として、適度にキラキラしてるのは、良い運を呼び込むとか言うではないか。

 

ブラックチタンとか選んでしまうと落ち着き過ぎるので、ここはすんなりシルバーでキラキラっと…。

 

さて、どれにしようか…

慌てて買う必要はないし、たまに何となくサイトをチェックする程度のことしか、してはいなかった。

 

そんなとき目にした、「シチズン プロマスター。」

 

これ、条件に合っているではないか!辿り着いたのが、BY0080という、その名も「スカイシリーズ。」

 

 

 

 

僕は、世界中を飛び回るビジネスマンではないし、パイロットでもない。あくまでも、そんなイメージはカッコいい、ってだけの話。

 

老眼がキツくなってきた目には、この細かい目盛りは、ほぼ判別不能だ。それも良しとしよう。あくまでも、そんなイメージ…。

 

どこで買おうか…

楽天で、「音羽屋」さんというショップに行き着いた。

 

有限会社音羽屋|店舗紹介|東京質屋協同組合青年部(東質青年部)

 

アウトレット品か、展示品か、質流れ品か?どれであっても、全く問題はない。「新品同様、未使用品」と書いてある。定価の4割引以上だ。

 

指名買いをしようとしていた訳ではないのに、コレ!ってやつにすぐヒットした。少しでもお得なもの、って思ってたら、激安の一点ものがあった。

 

わずか2日間に、意図しないところで話がトントン拍子で進む。こんなもん、神様の御達示に決まっている。

 

「買え!すぐに買え!」

 

 f:id:molineblog:20160525165032j:image

 

 

f:id:molineblog:20160525165049j:image

 

モノじゃなく、感情にフォーカスしよう

ちょっと良い時計を着けることで、どんな感情が得られるかを、僕は大切にしてきたんだと思う。

 

自信がつく、ワクワクする、嬉しい、ハラハラ。それに何と言っても、楽しい。

 

ファッションになんか疎い。スティーブ・ジョブズばりに、どこへ行くにもジーンズとTシャツでもいいと思っている。しかし、残念ながら現状の僕がそうしたら、冴えないオッちゃん以外には成り得ない。

 

ならば、時計と靴くらいはもっと気を遣うか…。そして、もっと「楽しい」を自らに浴びせかけよう。可能性に賭けなくてどうするよッ。

 

これからも自分は、わずかでも進歩し続けることを誓う。

 

その時を、僕の傍でこの時計が刻んでくれたら嬉しいだろう。そう、家族を見守ってくれたら嬉しいだろう。

 

 

 

molineblog.hatenadiary.com

 

 

 

molineblog.hatenadiary.com