読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

やりたいなら、すぐやらなきゃ横槍が入るぞ 〜チャンスはそう何回も来るもんじゃない〜

関西のテニスのメッカと言えばココ

「第92回関西オープンテニス選手権大会」が靭テニスセンターで開催されています。今日、5月8日までは予選。明日から1週間が本選です。ハイレベルなプレーを間近で見ることが出来るチャンスは、そうあるもんじゃないです。

 

今はネットで検索すれば、各選手の所属先くらいはすぐ分かります。「この選手は◯◯大学か」「この選手は△☆クラブね」と知っているだけで、何となく親しみが湧くので、ただ観戦するだけよりはグッと熱が入ります。

 

僕の場合は、プレーヤーとしてもそうですが、審判としての目を養うというか、そんなカッコイイもんじゃないですが、ずばりスコアカードをつける練習の意味もあって、よく観戦に行きます。

 

どうしても、会場内の審判の方々の動きや、運営・進行の具合なんかが気になったりします。

 

こういったイベントは何でもそうですが、ただのお客さんの立場で参加するよりは、出来るだけより深く関わった方が燃えますよね。その競技がより好きになるし、人との出会いもより濃密になります。同じ生きるなら、熱い方を選びたいですよね。

 

「行ってみようかな、どうしようかな?」と思うなら、行かない選択なんかあり得ないのです。テニスに限った話じゃないです。もしかしたら、場違い感に打ちのめされるかも知れません。「ちょっと違ったなぁ」と思えたことが大きな収穫なのです。何もしなければ、それさえも分からないままになってしまうじゃないですか!

 

 

f:id:molineblog:20160508182913j:plain

 

ナイター設備増設中

うつぼのセンターコートと、1番コートから7番コートまでは照明灯があります。その他の北側のコートの一列には無かったんですが、そのうち8番と9番に設置されたようです。

 

これが、他のコートのものはドカーンと立派な感じにそそり立っているのに比べて、貧相というか、大丈夫かな?って感じです。電気のケーブルなんかが剥き出しになっていて、高さも不足しているんじゃないか?と…。

 

メインコートじゃないので、そこそこ明るければ、まぁええか、ってことなんでしょう。

 

f:id:molineblog:20160508184936j:plain

 

 

f:id:molineblog:20160508184947j:plain

 

 

f:id:molineblog:20160508185000j:plain