読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

マクドナルドの期間限定バーガー「クラブハウスバーガービーフ」は、救世主にはならないと思う理由

クォーターパウンダーを休んでまで出す自信作です

マクドナルドがGW商戦にぶつけてきた、「クラブハウスバーガービーフ。」

 

早速食べてみましたが、美味しかったです。

 

 

f:id:molineblog:20160429000443j:image

 

 

ラッピングはメチャメチャ分かりやすい「牛」の絵。

 

このところ続いていた、「グランドビックマック」「ギガビックマック」のデカイ系の流れからは一線を画す、常識的なサイズ感。好感が持てます。

 

開けてみました。

 

 

f:id:molineblog:20160429093703j:image 

 

 

 はっきり言って、何の変哲もない外観。むしろ、ポスターの写真よりも、肉のボリューム感が劣っている。他のメニュー同様、マクドナルドのバーガーはその点で、「看板に偽りあり」感が強い。カメラマンの技術、凄い!

 

 

f:id:molineblog:20160429093723j:image 

 

 

専用バンズのつやつや感が違う。持った時のフワッとした感じも、他のバーガーとは違っている。期待が持てる。

 

 

ひと口目。

 

「美味しい。」 ベーコンとチーズの香りがマッチしていて、僕は好きですね、これ。

 

 f:id:molineblog:20160429093743j:image

 

 

ふた口目。

トマトのすっきりした感じもいい。「美味しいわぁ。」ボリューム感が足りないかも…って思いも、食べてみたら十分満足できるレベル。

 

それに、「食べやすい。」中の具材が溢れ出して、手がベトベトになって再起不能!みたいな状態になってしまうのは、スマートじゃない。その点でも大丈夫。でも、¥490は少し高いかな?

 

 

f:id:molineblog:20160429094127j:image 

 

 

ペロッと食べてしまいました。満足度高いですよ。ヒット商品になる実力は備えている、と感じました。

 

 

 f:id:molineblog:20160429093837j:image

 

 

実力だけが問われている訳でもない

たまにしか利用しないですが、不振らしいですね「マクドナルド。」

 

僕のケースを思い浮かべてみても、「¥100でコーヒーブレイクしよか」や「ちょっとだけ座って、本読んでいこ」など、要するに食事をしに行く場所では無くなっているのです。大して美味しくないな、って思っても、そこの部分の期待感はもともと薄い。

 

 

だから、まずそのへんの満足度アップを追求して欲しいなぁ。居心地良くして欲しいです。行く時間と場所を踏み違えたら、どうも子供っぽい雰囲気に溢れていて、まったく落ち着きません。

 

だから、びっくりするほど美味しい新製品を開発しただけでは、立て直せないでしょうね。商売の難しい点です。

 

多店舗展開の弊害はどうしても出ます。マクドナルドはその点、まだよく踏ん張っている方だと敬服もします。だからこそ、やっぱり惜しいですね。

 

はっきりとターゲットを絞って、各店のコンセプトをよりはっきりと前面に押し出しましょうよ。同じ「マクド」なのに、あっちとこっちではオススメ商品がまったく違ってもいいじゃないですか。マックカフェの高級路線を、高校生がたむろする店舗に導入しても、チグハグなだけ…。そういう「的外れ感」を潰していくことが喫緊の課題のように感じています。

 

 f:id:molineblog:20160429093805j:image