読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

Googleフォトで身軽になろう 〜いまさら分かった〝クラウドは便利〟〜

iPhoneのストレージを大きく食ってしまうのは、やっぱり「写真」です。

 
そんなに沢山パチパチ撮る方じゃないし、16GBあれば充分だと思っていました。しかし、塵も積もれば山となる、とはよく言ったもの。保存した分は何処かへ退避させないと、重くて動きづらくなります。
 
 

何枚でも保存可、しかも無料

そこで、「googleフォト」をインストールしてみました。1600万画素以下の写真、動画を何枚でも保存してくれます。無料で無期限とは、信じられない。
 
大丈夫か?と思いつつ、使ってみました。
 

 

 


iPhoneのカメラロールに入った写真を、どんどん自動アップロードしてくれます。
 
300枚くらいの写真が、自宅のWi-Fi環境下で10分以内でアップロードされました。25本くらいの動画は、もうちょっと時間がかかりましたが、こんなにいっぺんに上げることは、もうないので問題なしです。
 
家族写真を使ってムービーを作ってくれたり、気の利いたサービスも付いています。まだ全然使いこなせてないですが、充分使えそうですし、楽しそうです。
 
まとめてゴッソリ削除できたので、ギリギリ溢れそうになっていた容量を当面は確保できました。
 
 

f:id:molineblog:20160424140111j:plain

 
 
 

贅沢?慣れてきたら戻れません

iPhoneを5年ほど使っていますが、使用範囲が広がってくるとアプリが増えるので、どうしても容量に余裕が欲しくなってきます。
 
写真はなんとかなりそうですが、将来的には32GB→64GBクラスへの移行は避けられないかも…?
 
 

持ち物は常にシンプルに

現状では緊急避難先となっている、Macの中も時々綺麗にしておかないと、汚部屋みたいになってしまいます。ミニマリストを目指すなら、デバイスの中身にも注意を払って身綺麗にしておこうと思います。