読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

週末を豊かにスタート、リリパットのパン 〜いい仕事してはりますわぁ〜

いつもジョギングコースにしている道沿いに、気になる焼きたてパンのお店があります。初めて寄ってみました。

 

天王寺区国分町、って聞いて何かがパッと思いつく人も少ないとは思います。JR寺田町駅が最寄りの住宅街です。玉造筋のスーパーカナートの向かいに、2年くらい前にオープンしたはずです、「Lilliput」という焼きたてパンのお店。

 

f:id:molineblog:20151206103039j:image 

 

オープン当初に、たくさんの方が買いに来られていたのを走りながら見ていたことを、よく覚えています。

 

昨日は、夕方6時を回っていたので、もう閉店間際でほとんど商品も残っていない状態でした。

 

「まだ大丈夫ですか?」とお邪魔すると、「もう、少ないですけど…」というお返事。

 

翌朝の家族分があればいいだけなので、十分です。

 

最近の焼きたてパンのお店はこういう感じが多いですが、ここもキッチンがガラス張りで見えるようになっていて、ある種のエンターテインメントですね。楽しげです。ただ、今日はもう終わっていてひっそりしていました。

 

イートインも出来るみたいです。小さなテーブルが3つくらい。普段は賑やかな感じかも知れません。

 

店長さんかな?穏やかなか感じの男性が一人残っておられて、接客に出てくれました。この人が作ったんかぁ〜、ってことが実感できるってやっぱりいですね。お店の外観とかも含めて、爽やかな感じが伝わってきて好印象のパン屋さんです。

 

f:id:molineblog:20151206103104j:image 

 

f:id:molineblog:20151206103217j:image

 

「神は細部に宿る」って、とっても好きな言葉です。細かいところに、その人のこだわりや真剣度がにじみ出る、って意味だと理解していますが、まじめにいいモノを届けたいという気持ちを強く持ち続けることが自分を磨くことに繋がるし、もちろん人に喜んでもらえることになるんです。しっかりと、いちばん踏み外してはいけない部分だと命じておかないといけません。

 

カルボナーラソースのパンと、チーズフランス、くるみパンを買って帰宅。

 

日曜日の朝は、ちょっと豪勢に豊かにブレックファースト。

 

オーブンで少し温めから食べることに。すぐに部屋中がチーズの香りに満たされました。「ぜいたく〜」幸せです。

 

 f:id:molineblog:20151206103147j:image

 

ずっしりと重たいパンが、テーブルに揃いました。ちょっと値段高いよな〜、って正直思っていましたが、中身詰まった感がします。

 

「おいしい〜っ」

 

日曜日が充実するととってもいい気分で過ごせますよね。一週間いい事いっぱい起きそうだし…。そのスタートがこうして家族揃って迎えられるって、最高です。

 

食べ物屋さんって、やっぱいいい仕事ですよね。笑顔を届けられる仕事って、すごいです。手を加えれば加えるほど、お互いの満足度も上がるし…。

 

仕事の本質って、間違いなくそのへんにあるはずなんですよね。

 

僕も分野は違うけど極めたいなぁ、一歩でも高みに近付くぞぉ〜。