読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

アンダーアーマーを普通のおっちゃんが着ても宝の持ち腐れなのか 〜コンプレッションタイツを愛用しています〜

コンプレッションでスポーツマン気取り

 CW-XとかSKINSとかUNDER ARMOURとか、スポーツシーンでよく見かけますよね。

僕は、コンプレッションタイツが 流行り始めるずっと前から、使っています。

 
 
 
効能はいろいろあるみたい。
  1. 筋肉の無駄な動きを妨げ、疲労を軽減する
  2. 姿勢の矯正
  3. 速乾・通気性機能で熱の排出
  4. パフォーマンスの向上
でもアスリートじゃないし…。そんなにシビアにストイックに競技力向上を目指しているわけではありません。
 
それでも、そんな素人でも、これを選ぶことで多くのメリットがもたらされるのです。紹介します。
 

1.  まとわり付かない

最近のスポーツウェアは、速乾素材が使われているので、汗で濡れてもアッという間に乾きます。でも、大量の汗でTシャツが貼りついて、鬱陶しく感じることはあります。そんな時、コンプレッションを下に着ていると、最初からピタっと肌に密着しているので、動きそのものには何の影響もありません。汗で濡れたシャツが重く感じることもありません。

 

2.  透けない

ランニングパンツにしても、テニスのパンツにしても、暑い時期のものはかなり薄いです。ペラペラです。だから、色によっては結構透けます。これは男性でも気になるものです。女性なら言わずもがな。アンダーにコンプレッションを使えば防げるし、カラフルなものも多いので、チラッと見えた時に、むしろお洒落っぽくもあります。

 

3.  モチベーションup

イチロー田中将大もこれを使ってんのかぁ、と思うとちょっと気持ちが盛り上がったりします。形から入るというのは、スポーツを始める時の動機としては、至極当然で健全なものだと考えます。

 

4.  UV対策

おばちゃんがアームカバーをして自転車に乗っているのを見かけますが、コンプレッションの方がスポーティーでかっこいいし、暑くないのでは?

 

 f:id:molineblog:20150812001212j:image

 

まとめ

長袖のアンダーシャツに半袖シャツを重ねて着るなんて、これまでは野球のユニホームくらいでしか許されなかった、考えてみればとても変な着こなしです。

 

でも、今では多くのスポーツに採用されて、当たり前の光景に変わりました。技術がシーンを変えていくことの具体例ですね。

 

今現実に起きていることが、永遠に繰り返されることは絶対にありません。常識の壁が一瞬にして崩れ落ちることもあるでしょう。

 

夢を持って革新を目指すスピリットを、いつも胸に抱えながら前進します。大いなる未来が待ち受けているはずです。