読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

身体の内側を強くするには、まず食べ物に注目するのが手っ取り早い

グラノーラ」って知ってますよね。

 

夏バテはおなかのケアで防ぎましょう

こうも連日暑いと、当然内臓もお疲れ気味です。
 
大量に汗をかいて、冷たいものを飲んで、働きが落ちているところへ、追い打ちをかけるのは賢明とは言えません。スタミナを付けるつもりのボリューム満点の食事が、かえって疲労をため込む結果になるかも…。
 
そもそも夏は代謝が落ちるので、ただでさえ胃腸はそれほど元気ではありません。水分調整が上手くいかず、便秘になったり下痢をしたりもするので、さらに疲弊しています。
 
それに、腸は身体に侵入する細菌などの異物をブロックする、最初のバリアでもあり、その働きの良し悪しは、もろに健康状態を左右します。
 

成城石井には、何種類もあって楽しいよ

この夏も、やっと半分を過ぎた頃かな?幸い僕は体調もすこぶる良く、お陰さまで不安も一切ないですが、ここで予防線を張ることにしました。グラノーラの効果やいかに。
 
f:id:molineblog:20150806205118j:image
 
朝は、トーストとグラノーラとヨーグルトを基本に組み立てようと考えています。豆・ナッツ類、ドライフルーツなどは嫌いではないですが、好んで食べる訳でもないです。けど、腸の掃除には効きそうなので、試してみます。
 

まとめ

例年、クーラーは極力使わないようにしていますが、今年はそんなこと言ってられない日が多いです。
 
じわじわと疲労が押し寄せて、いつか決壊することがないように、食べるものには特に気を付けたいです。
 
それと、やはり汗をかく習慣を途切れさせないことですね。ドカーンと汗をかく日がたまにあった方が調子が良いですね。これ、僕の実感です。