読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

子育ては何のため、誰のためにやってるの?ってことの答えが少し見えたかも

日曜日、子供は夏休み。行ってきました、京セラドーム大阪。

 

うちの場合、JR大正駅を利用した方が便利なんですが、徒歩10分ほどかかります。「暑すぎて無理!」という判断で、直近の地下鉄ドーム前千代崎駅を利用しました。

 

 いろいろお得チケットもあり

大阪市内の小学生には、夏休み期間中だけ地下鉄が乗り放題になるパスが配られていて、これはかなり重宝します。もちろん今日も使わせていただきました。

 

それから、今日は野球の入場券も小学生割引の日で、そのせいでしょう、ファミリーや女性客が多いように感じました。

 

 地元密着型です

サッカーのセレッソ大阪も、「阿倍野区民割引デー」とか頻繁にやってるみたいで、ちょっと行ってみようかな、というきっかけにはなりやすいです。

 

行ってみたら、特に野球はインターバルの多い競技なので、あちこちにゲーム的な仕掛けが用意されていて、うちの子のように、野球のルールもよく分かっていなくてもそれなりに楽しめるようです。

 

 関西には、人気の面で絶対的王者の阪神タイガースがあります。その他のプロチームは、一応そこが目標になるとは思いますが、厳しいのが現状でしょう。

 

でも、試合内容的にもファンサービスの面でも、決して見劣りするものではないはずです。

 

 f:id:molineblog:20150803013339j:image

 

まとめ

子供と僕にとって、メチャメチャ楽しい一日でした。

 

ある意味、ここは子供に夢を売るところやなぁ、って感じました。子育ては壮大な事業です。社会全体で成し遂げるべきものです。

 

そういった意味でも、今日は感謝の一言しかありません。