読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

富を残すより、名を残すより、人を残したい

Apple Store心斎橋の、ワークショップに行ってきました。

 

f:id:molineblog:20150624222640j:plain

 

 お勉強です

Apple のサイトを見れば分かりますが、全国のApple Storeでは、一回一時間程度のワークショップを日に4〜5回ほど開催しています。テーマはアップル製品についてのあらゆること。基本的な使い方から応用テクニックなど。事前に何日か先の分までスケジュールが発表されているので、興味のあるテーマの日を予約しておけばいいだけです。

 

僕のような初心者には、重宝しているという方も多いのではないでしょうか。無料ですし…。僕は5回目くらいの参加でした。上級の方にとっては物足りないのかも知れませんが、毎回盛況のようです。

 

今日は「Macで写真を補正して共有しよう」というテーマでした。このブログに貼る写真を、より綺麗にしてみたいし、なにしろMacを買ってまだ2カ月ほどで、貼り付け作業そのものがスムーズに出来ません。そのあたりの話が聞けたらいいなぁ、と乗り込みました。

 

ところが、今日の参加者は一人だけ…。僕ひとり…。スタッフのカワカミさんとのマンツーマン。やったー!超ラッキー!

 

僕の話のレベルまで降りて来ていただいたので、とても分かりやすくて、あっという間の一時間。個人的に、これだけわざわざ時間を割いて教えてもらえたとしたら、大変なコストを覚悟しないといけないところですが、なんだか申し訳ないくらいでした。

 

興味のある方は、ぜひ参加されることをお勧めします。楽しいです。

 

吉田松陰?現代なら稲盛和夫さん? 

帰宅後、今日の復習をしながら考えていること…。

 

Apple Storeのスタッフの皆さん、いつも元気に走り回っておられて、とても好感が持てます。製品についての知識はもちろんですが、多才な方が多いとお見受けします。大半の方が僕よりはずっと年下でしょうが、頼もしいです。

 

 こういった人たちがもっと増えてくれば、この国の将来も明るいものになる気がします。

 

スティーブジョブスやAppleが、革新的製品を残してきていることはもちろん素晴らしいです。でも、世の中によい影響力を持つであろう人たちを次々に輩出していることは、それ以上の評価に値するものに違いありません。

 

そういう、引っ張り上げる力を持った人、なってみたいです。

 

f:id:molineblog:20150624233907j:image