読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

敏感になれ、行くべき道を行く時の高揚感

良かったこと、あります

こんな僕でも、これまでの人生で「上手くいったなぁ」と思ったことは、何度かあった。

 

  • 一年少しかけて、二十数キロのダイエットに成功した
  • 初めてのファーストフードのバイトで認めてもらえて、比較的早期に出世路線に乗った
  • スキー場のバイトで、あっという間にリーダー役に抜擢された
  • 国家試験直前3〜4カ月の勉強で、飛躍的に成績が伸びた。

 

これまで、全く話にならない事の連続であったわけでも無さそうである。

 

それでも僕は自信がない。

 

嫌だったこと、もっとあります

ここには書けないが、ダメだったこと,恥ずかしかったこと、落ち込んだことの記憶の方がより鮮明に刻まれ沈澱した。沈澱しているから、意識の上に登ってくることはあまりないが、こいつらが時々悪さをしているようで、これがなかなか厄介だ。

 

イヤで苦しいことではあるけれど、こいつらを底から引き上げて、捨てるべき場所へちゃんと捨てる作業に取り組まないといけない。自信がないまま終わってしまいたくないから…。

 

f:id:molineblog:20150624012906j:image 

 

その作業を進めるうちに、ひとつ気づいた。

 

上手くいっていた時は、みな夢があった。あまり後先のことは頭になかったが、楽しかった。時間が物凄いスピードで過ぎた。

 

残念ながら、僕は久しくその感覚を味わっていない。

 

けど、大丈夫。

 

大丈夫、そうなることは決まっています

こうすれば良いという経験を持っているから…。自分こそがそれにふさわしい人、と心底信じることを目指しているから…。

 

f:id:molineblog:20150624013221j:image