僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

深すぎる哀しみ

今日は追悼の日ですね。

大阪にいた僕は、フワフワした揺れを感じたのみでした。

今ある命を大切にする、という思いをしっかりと確かめました。

今夜は静かに祈ろう思います。