読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

小豆島高校野球部の出場停止処分について

選抜大会を目前に控えたこの時期だからこそ、やっぱり流しておくわけにはいかない、この話題に触れておく。 野球部の出場停止について 一年前の小豆島は、沸き返っていた。何しろ島の歴史始まって以来の甲子園である。もともと野球好きの多い土地柄だけに、…

行動を起こすとき参考にすべきは子供の思考 〜間違いのもとは〝大人の方がエライ〟〜 

意外な決意表明 思い付きにこそ秘められたパワー 当面の目標は「2割アップ」 うちの娘は間もなく10歳になるが、小学校では毎年4年生を対象に、「1/2 成人式」というのを行なっているらしい。 土曜日のオープンスクールに合わせて、私たち親への感謝と、こ…

幸福の科学も清水富美加も、ありのままであってくれて良い

芸能情報には至って疎い僕でも、この話はちょっと気になっている。 例の、人気女優の出家騒ぎである。 言葉の重みに無頓着すぎはしないか? ここで僕がいやな気分になってしまっているのは、一部テレビの「コメンテーター」と称する人たちの中に、極めて居丈…

小豆島の魅力を背景に、移住者の方の底知れぬパワーが炸裂する予感 〜松之木天辺さんの行動力に脱帽〜

小豆島は西村の「カレー プラージュ」で、1月下旬に行われた、「舞台の上は極楽なの?」と題されたトークイベントに参加した。 舞台に関する予備知識など無い。「松之木天辺」なんて変な名前も、もちろん初めて耳にした。しかし、普通の勤め人ではないクリ…

夢が叶わないのは自分が勝手に諦めたから 〜〝好き〟をもっと大切に噛みしめるべき〜

毎晩スキーのメンテをした。苦痛なんかある訳ない。 オリンピックのスキージャンプ団体戦。金メダルをほぼ手中にした日本チームが、最後のジャンパー原田雅彦選手の失敗ジャンプの末、スルリと優勝を取り逃がしてしまった。 リレハンメルオリンピック。1994…

無意識に安定を望むことの危険 〜仕事は辛いものと思っている限り飛躍できない〜

これまでの価値観が通用しない 安定と継続は善か 自分に問い直してみる やっぱり向いてないワぁ これまでの価値観が通用しない 僕は50歳を超えているので、もうかなり頭が硬くなっていることを自覚した方が良い。それでも、周りの空気のあまりの堅苦しさに、…

GODZILLA(ゴジラ)は自転車ロックの最高峰

ドリルガード付ロック SGM-201 〝GODZILLA(ゴジラ)〟を買ってみた 身も蓋もないけど、所詮は「ただの鍵」 そんな時… 指針とすべきは「好きなんだから仕方ない」 ロードバイクに乗り始めて、楽しいのは当たり前だが、懸念材料もある。その最たるものは、「…

歯を守るために考えうる限りの策を尽くす 〜あがいても仕方ないのでとにかくやる〜

無駄と言わず抵抗するぞ あの手この手でやってます 抗うことが活力にもなる 無駄と言わず抵抗するぞ 50を超えて、身体の衰えを感じることが、否応なく増えてきた。 どこが弱っても困るが、歯が悪くなるのは特にダメージが大きい。美味しく食べられないなんて…

「木桶職人復活プロジェクト」を支えるのは強い〝思い〟だけ 〜ヤマロク醤油の山本社長に敬意〜

「木桶職人復活プロジェクト」と聞いても、ほとんどの方は何のことかも分からないだろう。 でも、これはしっかりと伝えなければいけないと思う。 聞けば聞くほど壮大なドラマが、静かに、でも確実に小豆島で動き始めていることに、心を動かされる方は、多い…

阿倍野の中華そば屋さん「本町製麺所阿倍野卸売工場」が、一見地味だけれどメッチャ主張してる

我が家から程近いところに、あまり目立たないけれど、よく見るとメッチャそそられるラーメン屋さんが出来ていた。「出来ていた」とするのは、そのあまりの目立たなさゆえ、しばらく気付かなかったからだ。 こんなまったくの住宅地に、忽然と現れた人気店を、…

ブログを継続するのに大切なこと 〜自分以上に面白いものにはならない〜

このブログが、開設2周年を迎えた。これに寄せて、もっと強力なブログにしていくための、決意表明をしておきたい。 つまらないブログ これほどまでに個人的なメディアが、その人自身の色合いを、濃密に表出していないはずがない。 ブログを始めてみようとい…

小豆島名物の移動販売「ピザ はるや」を食してみた

小豆島の島内各所に、何ともヘンテコな車で出没する、移動販売のピザ屋さんを目撃された方も多かろう。 もちろん僕も前から気になっていたが、今回初めてコンタクトできた。 ホンワカと温かい、不思議な雰囲気が心地良い、名物ピザ屋さん「ピザ はるや」をレ…

パールイズミのプレミアムウィンドブレークグローブ1700 〜防寒性に文句なし〜

「寒い」を理由に外へ出て行けないとしたら、その損失たるやデカいかも知れない。気付きにくい部分ではあるが…。だから、防寒グッズをケチりたくないのだ。 〝プレミアム〟ウィンドブレークグローブ 冬に自転車に乗る時、完璧な防寒が必要なのは当然だが、特…

中島芭旺(なかじまばお)くんって知ってますか?

芭旺って、なんじゃこの子! こんな子がホンマにおるんか?ってのが、正直な印象だった。この「大人っぷり感」は何や? ameblo.jp 面識があるわけでもなく、よく分からないが、「天才少年」であることに疑いはないのだろう。と言うか、そういう伝えられ方を…

脳に負荷をかけて夢に向かって驀進する 〜気を付けることはたったの2つ〜

今年は、誰が見てもはっきり分かるくらいに、ライフスタイルをガラッと変えることが目標だ。 したいと思ったことを、躊躇なく実行する。それが出来たら、次々と連鎖的に物事が好転し始めるだろう。そう信じている。 適度な負荷を選ぶ そうは言っても、精神的…

「世界一やさしいブログの教科書一年生」でパワーアップを目指すぞ!

「ブログの教科書」は第一選択の入門書 2017年は、ブログを成長させる。これが目標だ。 WordPressに移行して、PV10倍増を目指す(大きく出たね〜)。 少額でも良いので、収益化の足場を固めたいし、リアルな繋がりが生まれたら嬉しい。 そこで、1から復習の意…

小豆島高校陸上部が有終の美を飾りました 〜高校駅伝観戦レポート〜

小豆島高校と土庄高校の統合が、いよいよ今春に迫ってきた。 それを前に、再び全国にその存在を強く知らしめた、小豆島高校陸上部。昨年末の全国高校駅伝に男女アベック出場を果たした上に、期待以上の好成績でフィニッシュしてくれた。 www.koukouekiden.jp…

働き方は人それぞれでいい 〜自分を押し通すことが幸せへの最短距離〜 

働き方を考える もう、このことについて考え始めると、イライラするわ、悲しくなるわで、絶望的気分だ。 cybozushiki.cybozu.co.jp 一つの職場に、何時から何時まで拘束されて、給料は月〇〇万円。そんな就労形態が、時代にそぐわなくなってきているのは、誰…

瀬戸内国際芸術祭の次回開催を強く望む 〜潮耳荘で五感を研ぎ澄ます〜

瀬戸内国際芸術祭2016(せとげい)が終わって、早2ヶ月以上がたった。 撤去されてしまった作品も多いが、そのまま残されて今も鑑賞できるものもある。 そんな中のひとつ、小豆島は三都半島、神浦(こうのうら)の潮耳荘をご紹介。 いつもあるのは波の音 小…

自転車のチェーンの弛みを調整した 〜即交換はモッタイナイ〜

普段使いの自転車が不調に陥った。1年半ほど前に、中古で買ったものだ。 molineblog.hatenadiary.com 今度は自分でメンテ 症状は以前と同じだ。漕いだ時にチェーンがカラカラ鳴る。自転車屋さんに持って行ったら、間違いなく「チェーンが伸びているので交換…

立花岳志氏のブログスタートアップ講座の力を借りてジャンプアップするぞっと決めた

このブログを始めて、間もなく2年が経過しようとしている。 はっきり言ってしまえば、何かが目覚ましく変化したということはない。それでも、専念できる状況ではないながら、これまで430を超える記事を更新できた。1日1記事には遠く及ばないが、まあ「継続で…

「のんびり出来たら快適」ってわけでもないらしい 〜脳は思った以上に貪欲〜

「快適」って何でしょう? したい事をしましょうとか、好きなことだけすればいいなんて聞くと、とにかくダラーっと怠惰に暮らすイメージを持つ人もいるかも知れない。 でも、普通なら、ダラーっとしてたってちっとも満たされないのだ。そんなことくらい誰で…

働き方を柔軟に変えて固着思考を脱する 〜鉄人金本を目指すだけではダメだ〜

子供の頃度々聞かされた母親の言い付けは、その後の人格形成・生き方を決定する大きな要素となり得る。 僕の場合の、それは何だろう? いろいろあるが、決定的なものの一つが、「学校には這ってでも行け!」だ。 休まない美徳 休まないことを美徳とする考え…

パールイズミの極寒仕様タイツで超快適 

自転車乗りにとって、寒さは大敵だ。 体が冷えて動きが鈍ってしまっては危険だし、集中力も途切れがち。そもそも出かけるのさえ嫌になってしまう。 50を超えて、めっきり寒さに弱くなった自覚のある身には、特に防寒対策が重要になってきた。 機能性を重視す…

道を極められるのは、心が伴うからこそ 〜ふさわしい人になるために〜

少4の娘は、書道を習っている。 年末の夕暮れに教室までお迎えに行ったら、書き初めならぬ〝書き納め〟をやっていた。そして、先生に声を掛けられた。 「お父さんも書いていって下さい」 「はぁ〜??」 何を言い出すのだ、この人は。 昔取った杵柄? まあ…

今村岳司市長に超賛同 〜目指すは、熱い!楽しい!〜 

何をチャラいこと言うてまんねん! 昨年末、〝武勇伝市長〟として物議を醸した、兵庫県西宮市長の今村岳司氏であるが、この手の兄ちゃんは苦手というか、嫌いなのだ。 頭が良いのだろう。良い頃合いに注目を集める術を心得ておられる。「炎上商法」と同じだ…

たった一度だけ乗った六甲丸 〜エンジン音が濃縮された記憶を呼び起こす〜

小豆島の三都の東海岸からは、沖を行き来する大型船がよく見える。 子供の頃、ひと際へんな形のジャンボフェリーは、大いに僕の興味を引いた。 世界最大だったのか 世界最大の双胴船、「六甲丸」と「生駒丸」である。昭和44年就航のこの船が、神戸とか高松と…

ジャンボフェリーの夜行便は多少の覚悟を要します

今なら高速道路だって新幹線だってある。大阪から小豆島へ行くのに、随分と便利になったことは否定しないが、それでも充分半日は見ておかないといけない。 そんな時、ジャンボフェリーの夜行便は重宝する。寝ている間に着くのは、時間的無駄を省きたいという…

ランニング習慣を途切れさせないために 〜乱れているのは感謝が足りないから〜

乱れを正そう 誰かに向かって誓ったわけではない。自分自身に掲げた公約に過ぎないが、年2回のレース参戦を、2016年はどちらもキャンセルしてしまった。春の小豆島オリーブマラソンと、秋の瀬戸内海タートルマラソン。 その理由は、兎にも角にも「乱れている…

行動することでココロが軽やかになっていますか?

年末の仕事納めの日の夜、「どうも頭が痛いなぁ」と感じた。 マズイ。正月休みが全滅しては大変だ。 でも実際は、翌朝の夜明け前から、小豆島へ向けて自転車で出発した。ワクワクが止まらなくて、寒さもさほど感じないし、頭痛も忘れていた。 人間は感情の生…

活水高校吹奏楽部の飛躍の鍵は言葉にある 〜自分にとっての一番のカリスマは自分〜

長崎に「活水高校」という吹奏楽の名門校があるらしいが、失礼ながら、たまたまTVで紹介されているのを見るまでは全く知らなかった。 要はモチベーションの高い集団を作れるかどうか 藤重先生というカリスマが就任した途端に、ほんのわずかな期間で、無名校…

小豆島の「珈琲とブーケ。」 〜唐突に出現した異空間が心地いいぞ〜

小豆島にかなり詳しい人でも、〝岩谷〟と書いているのを見ただけで「あそこだ!」と分かる人は少ない気がする。読み方さえもあやしいだろう。「いわがたに」と読む。 安田から福田方面に向かうと、橘トンネルを過ぎて下った集落が「橘」で、その次が岩谷。 …

完成直後の「小豆島サイクルステーション」に行ってきた 〜居ごこち良過ぎて根が生えても知りません〜

近年、サイクリストが小豆島に大挙して押し寄せるようになっている。島に関わりのある人は、皆それを肌で感じていることと思う。 国際的観光地へのステップのきっかけに そんなサイクリストの一人である僕が思うに、まだまだ、訪れる人たちの受け入れ態勢が…

内澤旬子さん是非お会いしたく存じます 〜「漂うままに島に着き」の漂い具合が痛快〜

秋に小豆島池田のカフェ「タコのまくら」に伺った時に、置いてあった本を何気なく手に取った。 パラパラとページをめくるだけで、どんどんとその世界に引きずり込まれていくのが分かった。これは是非紹介しなくてはならない。 新しく出会えました 店主〝山ち…

小豆島の大角鼻灯台に行っても何も無かった 〜それでも記憶に刻まれ続けるだろう〜

小豆島の三都の東海岸からは、それはそれは綺麗な朝日が見える。夜には月明かりが素晴らしいし、星が無数に降ってくるのを拝める。月や星に比べれば、脇役感は否めないが、船と灯台の光も大切なアクセントだ。小豆島の南は、瀬戸内海航路の要衝なのだ。 大角…

「正しい」だけでは他人の価値観を生きる結果になってしまう 〜クレーマーにだって正義はある〜

日本は、いまやクレーマー天国と化している。そう言っても過言ではない。 もう、どう考えたって〝ただ難癖をつけてるだけ〟って人もいる。 年末の餅つき大会を中止しろだの、保育園を新設するなだの、それぞれ言い分はあろうが、言いたい放題だ。 除夜の鐘改…

本田健氏の「50代にしておきたい17のこと」 〜時々現在地を確認するための指針〜

自分が50代になってみて一番強く感じるのは、「時間は有限である」ということだ。身に染みて、終焉に近づいていることを思う機会が増えている。 この折り返し点過ぎを、人はどういった心持ちで走るのだろう? 僕は先頭集団には居ないかも知れないが、それで…

高齢者の暴走事故は防げない

連日、高齢ドライバーが引き起こす交通事故が報じられている。本気で取り組むべき問題だが、課題は多い。 テクノロジーでカバー出来ることは限られる 数多い事故だが、そのタイプは大きく分けて3つだ。 アクセルとブレーキの踏み間違いによる暴走 高速道路…

出来るか出来ないかの分岐点 〜信じるんだ〜

鹿島アントラーズと川崎フロンターレ。 Jリーグ創設時から、数々のタイトルを獲得してきたアントラーズ。近年力を付け、毎年のように優勝争いに絡むフロンターレ。両者の力は拮抗していると言って良いだろう。 出来るか出来ないかの分岐点 何かを成し遂げる…

読むだけでテニスが上手くなる本 〜児玉光雄氏の世界観に釘付け〜

これまでに、相当たくさんのテニスの技術書を読んできたことは、間違いない。 この本も、少しでも上手くなりたいないぁ、という気持ちで読み始めたのだけれども、しかし、テニスの技術についての情報量は少ない。 だから期待はずれか?というと、とんでもな…

ここにもあった日本一の小豆島 〜大蘇鉄の誓願寺は隠れたパワースポット〜

小豆島八十八箇所の第31番札所「誓願寺。」 ここにある蘇鉄の木が、やたらデカイというのは、ガイドブックなどにも載っていて、よく知られているはず。 事もあろうに、しょっちゅう前を通っている僕は、まだ見たことがない。 「これはイカン」ということで、…

小豆島の飯神山は、手軽だけれどサバイバル感テンコ盛りだった

小豆島三都半島の根元にあって、内海湾を見下ろす絶景が楽しめる「飯神山。(いがみやま)」 手軽には違いないけれど、それなりの覚悟はあった方がいい。 飯神山は手軽だけど、サバイバル感テンコ盛りだった まずは、車で登山口を目指す。 三都半島西海岸二…

井上誠耕園のカフェ「忠左衛門」を初体験 

小豆島中央病院でのバスの乗り継ぎ待ちに、1時間ほどあった。 すぐ目の前の直営ショップの賑わいは、今や見慣れた光景になっている。けれど、実はカフェにはまだ行ったことがない。 「よっしゃ、忠左衛門いこ!」 井上誠耕園の忠左衛門初体験 「忠左衛門」…

小豆島は「険しくてデカイ」を実感 〜さぬきセンチュリーライド参戦記〜

ロードバイク初心者の僕にとって、初めてのレースだった。 僕でも参加できる訳だから、「草レース」には違いない。しかし、かなりのツワモノが居ることは、見た目だけでも十分理解できた。 多少の気後れ感が伴うのは、承知の上。今日はあくまでも完走目標な…

笛吹きケトルが鳴らなくなった時のメンテは超簡単 

うちで長年使っているのは、笛吹きケトルなんてオシャレな物ではない。単なる「音の出るヤカン」だ。 最近、その肝心の音が出なくなってきた。前触れなく噴きこぼれるので、汚れるし危険だ。コンロも電子機器なので故障のリスクも増えよう。 妻が、「沸いた…

神戸・北野に自然素材のジャム屋さん発見 〜この幸せ感に撃ち抜かれた〜

妻と、神戸をぶらぶらデートした時に偶然見つけた、何ともほっこり、且つメチャメチャに嬉しくなってしまうお店をご紹介。 大きく言えば、僕の今後の生き方の参考にしたいくらいの、有難いご教示を頂いたのだった。 神戸・北野に自然素材のジャム屋さん発見 …

吉野の森林セラピー初体験記 〜森は涼しくて優しかった〜

近鉄南大阪線、大阪阿部野橋から吉野までは、急行でざっと1時間半。うちからは、乗り換えなしで行けるので意外に近く、ウトウトしてたら着きました、って感じだった。数年来の念願の「森林セラピー。」雨の天気予報を裏切って、辛うじて降らずに済んでいた…

神戸のカレー料理店「ガネーシャ・ガル」は、高幸福度数を叩き出す名店だった 〜異人館めぐりのお立ち寄りスポット〜

色々な事情が重なって、なぜか平日の昼間に、妻と二人でランチに出掛けた。行き先は、神戸。布引の滝でマイナスイオンを全身に浴びよう!と、意気込んで飛び出したが、結果的には、途中楽しいお店が多過ぎて、時間切れでたどり着けなかった。 それでも、休日…

「絶対、よくなる!」斎藤一人さんが言うんだから、間違いない

この方の境地に近付きたい 二十歳の頃、バイト先で、僕は人の悪口を聞かされるとあまり良い気がしない人間だ、ということに気付いた。だから、自分からは言わないことを決めた。 まだ二十歳の若者にしては、なかなかのもんじゃ、と褒めてあげたい。 斎藤一人…

阿倍野の手打ちうどんなら、昭和町こだわりの「麺工房 北の」へ 〜有名店作りに王道なし〜

日中、晴れていればまだそうでもないが、ヒヤッと感じることもある最近、温かい食べものが恋しくなってくる。 温かいと言えば、「うどん。」蕎麦もいいけど、やはり我々関西人には、うどん好きが多いように感じる。 自宅のすぐ近く、「麺工房 北の」へ妻と出…