読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の魂が海を渡って行ったり来たりする物語

小豆島から大阪へ流れ着きました

歯を守るために考えうる限りの策を尽くす 〜あがいても仕方ないのでとにかくやる〜

 

無駄と言わず抵抗するぞ

 50を超えて、身体の衰えを感じることが、否応なく増えてきた。

 

どこが弱っても困るが、歯が悪くなるのは特にダメージが大きい。美味しく食べられないなんてことになったら、人生の楽しみの多くを失くしてしまう。

 

しかし、残念ながら、その足音は確実に近付いている。はっきりと聞こえているのだ。

 

20代の頃、虫歯が多くて「これはイカン!」と徹底的に治した。しつこいくらいに歯磨きをするようになった。 だから、いわゆる「ハチマルニイマル」(80歳で20本の歯を残そう)なんて、余裕だと思っていた。

 

しかし、現実はそうでもなさそうだ。

 

今でも、歯医者での定期検診は欠かさない。それでも、自覚するのは「右肩下がり」だということ。考えてもみよう。軽い擦り傷が治っていくのとは違って、歯や顎の骨は極めて修復力の乏しい器官であることはすぐ分かる。

 

一見すると治ったように思えても、その裏では確実に進行しているのだ。それならどうしよう?できるだけ強力にブレーキをかけることに集中するしかない。

 

  1. 定期検診
  2. 毎食後の歯磨き
  3. 歯間ブラシ
  4. 糸ようじ
  5. なた豆歯磨き
  6. マウスウォッシュ
  7. 電動歯ブラシ
  8. キシリトール
  9. マウスピース

 

思い付くことは全部やっているつもりだ。どれも、少なからず効果があると感じている。

 

 

f:id:molineblog:20170205220735j:plain

 

 

あの手この手でやってます

先ほども述べた通り、3ヶ月に一度の定期検診は絶対に行った方が良い。手では取りきれない汚れが必ず付いている。それ以前に、毎日の歯磨きは当然だ。

 

歯間ブラシと糸ようじはセットで使った方が良い。歯の隙間の大きさによっては、どうしても取りきれない部分がある。万全を期すために、二重に攻めた方が良い。

 

特に疲れがたまっている時など、歯茎が腫れっぽく感じることがある。そんな時になた豆歯磨きを愛用しているが、本当に歯が「キュッキュッ」っと音を立てそうなくらいスッキリする。独特の味が嫌いという方もいるかも知れないが、口の中のネバつきが綺麗に取れて、僕は大好きだ。最後にマウスウォッシュを使えば、完璧ではないだろうか。

 

つべこべ言わず、電動歯ブラシは使ってみるべきだ。手では限界がある。ビックリするくらい楽になるので、使わなかった自分が腹立たしく感じるに違いない。

 

そして、キシリトール。寝ている間も歯磨き効果を持続させる方法は、今のところこれがベストだろう。

 

ついでだが、僕は歯ぎしりが激しいらしいので、歯医者さんでマウスピースを作ってもらった。歯そのものを傷めるだけでなく、歯周病の進行を早めたりもするらしい。

 

 

抗うことが活力にもなる

失うことに抵抗感がなくなるというか、諦めることこそが、老化ではないだろうか。

 

それは嫌だ。出来ることはやるのだ。何にでも挑戦するし、「負けないよ」って思えることが、バロメーターなのだ。

 

 


hanoblog.com

 

 

 

f:id:molineblog:20170205193849j:plain

 

 

 

 

薩摩なた豆 歯磨き(鹿児島産 赤なた豆使用) 125g

薩摩なた豆 歯磨き(鹿児島産 赤なた豆使用) 125g

 

 

 

キシリトール タブレット オレンジ 35g × 5袋

キシリトール タブレット オレンジ 35g × 5袋

 

 

 

「木桶職人復活プロジェクト」を支えるのは強い〝思い〟だけ 〜ヤマロク醤油の山本社長に敬意〜

「木桶職人復活プロジェクト」と聞いても、ほとんどの方は何のことかも分からないだろう。

 

でも、これはしっかりと伝えなければいけないと思う。 聞けば聞くほど壮大なドラマが、静かに、でも確実に小豆島で動き始めていることに、心を動かされる方は、多いはずだ。僕もその一人である。

 

 僕が拙い文章で説明するよりも、ヤマロク醤油のHPで、社長さんの熱い思いを感じてもらいたい。

 

 

小豆島 ヤマロク醤油ホームページ

 

 

 「木桶職人復活プロジェクト」の現場へお邪魔しました

FBのお友達、坂口直人さんが、このプロジェクトのメンバーだ。「木桶作りの現場を見学に来て下さい」と投稿されていたので、一気に気持ちが傾いた。ちょうど先日小豆島へ行った時に、バスの乗り継ぎが悪いしどうしようかと思っていたところだ。

 

ヤマロク醤油は、安田から歩いても15分ほど。山側に入った、穏やかな所だ。

 

着くと、大きな木桶の〝モニュメント〟が出迎えてくれる。

 

 

f:id:molineblog:20170205142815j:plain

 

 

若い社員の「サカクラ」さんが、僕を見つけて丁寧に案内してくれた。

 

小豆島には、もともと〝お接待〟の精神が根付いているはずだが、これもそういったところの表れか?

 

 裏へ回ると、賑やかに作業が行われていた。

 

将来の発酵醸造文化の存続に危機感を持って、一念発起された社長さんに賛同されたのが、当初は地元の大工さんであるお二人だけ。合計3人で始まったものが、今や全国に響きわたって、同志を呼び寄せる結果となった。

 

醤油屋さんだけでなく、伝統の食を守るという思いを共有する、多方面の方々の活気が、そこに居るだけで感じられて、心地よい。

 

 

f:id:molineblog:20170205183323j:plain

 

 

その心意気が申し分ないものであることは当然だが、それにプラスして広報活動も大変お上手で、それは、マスコミにも十分知れ渡っているようだ。

 

今年は新桶を5本組み上げる計画だそうで、その作業が行われる一週間には、NHKを始め、なんとイギリスBBCのクルーまでやってきたというから驚いた。

 

どうもキッコーマンが関心を寄せているらしい、というのも耳にして、本物を求める声が、今はまだ少ないけれど着実に広まっているのが感じられる。

 

 

f:id:molineblog:20170205183119j:plain

 

f:id:molineblog:20170205183152j:plain

▲醤油ではなくコーヒーまでいただきました

 

 

またひとつ小豆島から発信しましょう

全国に3千から4千本くらいが残っていると言われる木桶のうち、約千本が小豆島で使われているというのは、それだけで特筆ものだが、これからはその木桶の産地としても名を馳せる可能性を持っている。

 

坂口さんの言葉に、「やりがいは感じています」というのがあって、印象的だった。そりゃあ、そうだろう。未来につながる壮大な計画を担っているのだから、心踊らない訳がない。

 

また、「繋がりがええよなぁ」ともおっしゃっていた。一人や二人ではどうしようもなかったかも知れない。けれど、思いは伝わるのだ。熱ければ熱いほど、伝わるのだ。

 

小豆島を舞台に、大きく動き始めた歴史の行く末に、大注目必至である。まだ道半ばと仰るだろうが、ここまでの功績に、最大限の感謝と敬意を表したい気持ちでいっぱいなのである。

 

 なお、工場内の見学は随時受け付けてくれるそうなので、時間があればフラッと立ち寄ることをお勧めする。

 

 

f:id:molineblog:20170205182917j:plain

 

f:id:molineblog:20170205183701j:plain

 

f:id:molineblog:20170205184640j:plain

阿倍野の中華そば屋さん「本町製麺所阿倍野卸売工場」が、一見地味だけれどメッチャ主張してる

我が家から程近いところに、あまり目立たないけれど、よく見るとメッチャそそられるラーメン屋さんが出来ていた。「出来ていた」とするのは、そのあまりの目立たなさゆえ、しばらく気付かなかったからだ。

 

こんなまったくの住宅地に、忽然と現れた人気店を、今更ながら感は強いが、報告しよう。

 

 

本町製麺所阿倍野卸売工場中華そば工房

JR美章園駅から、徒歩3分くらい。もとは、昨年の夏に製麺工場がこの場所に出来たそうだ。毎日のように近くを通っていた僕でさえ、知らなかった。店舗向けの製品の製造・開発などをされているそうで、店頭での販売がメインではない。だから気に留まらなかったのだ。

 

その工場内に飲食スペースが併設され、かなり本格的な中華そばが、誰でも気軽に食べられるようになった。

 

店頭に〝のぼり〟が立つようにはなったが、ラーメン屋さんに有りがちな派手な看板などは無し。中身で勝負します、ってことだろうか?

 

 

f:id:molineblog:20170205102209j:plain

 

 

こだわりの「中華そば」

店内は、10席ほどのカウンターのみ。ガラス越しに隣の製麺工場の中が見える。新しいし、清潔感は申し分なく、いたってシンプル。

 

メニューだって、ラーメン屋さんの定番商品である、餃子も炒飯もない。辛うじて、しらす丼とかのご飯ものが数種。

 

迷わず「名物中華そば」を注文。丸麺と平麺から選択できて、無料で麺の増量もOK。目の前には、「食べ方指南」まで書いてある。

 

 

f:id:molineblog:20170205102400j:plain

 

 

出てきた一品は、見た目もシンプル。名前通り、こってりとした「ラーメン」ではなく、まさに「中華そば」だ。

 

指南書にあるように、まずひと口スープを啜る。

 

グループ会社に、黒門市場の「ダシ屋さん」があるそうで、見た目の印象よりはずっとスッキリとしているが、でもコクが深く香り高い。

 

出汁が最高、麺は隣の工場で出来たばかり。考えなくても、美味しいに決まっている。ある意味、反則技。

 

その麺の方だが、少し硬めの茹で加減で、そのへんは僕の好みに近い。歯ごたえしっかりで、大盛りにしては量は少なめ?と感じたが、実際食べてみたら結構ズッシリときた。

 

 

f:id:molineblog:20170205102314j:plain

 

 

「山椒はピリリと…」中華そば

あと特筆すべきは、スープの隠し味に山椒が使ってあるところ。カウンターに置いてあるので、パッパッと追加することもできる。鍋の薬味にピリッと効かせることはあるが、このスープにもよく合うと感じた。よりスッキリ感が際立つ。こってりの豚骨スープもいいが、ちょっと新しい発見だった。

 

 

f:id:molineblog:20170205102450j:plain

 

 

小腹が空いたら行ってみよ 

これで¥650はかなりいいのでは?気楽に立ち寄れる。

 

もちろんラーメン屋さんは数多いが、随所にこだわりが感じられて、キラッと光っている感じ。ここにちょっと感動。

 

素材を厳選して生かす。こだわって磨く。そういった姿勢を、しっかり伝えてもらえれば、誰にでも理解出来るし、なんだかすごく嬉しい気分になることがよくわかる。

 

 

www.orindo.co.jp

 

 

f:id:molineblog:20170205102958j:plain

 

ブログを継続するのに大切なこと 〜自分以上に面白いものにはならない〜

このブログが、開設2周年を迎えた。これに寄せて、もっと強力なブログにしていくための、決意表明をしておきたい。

 

 

f:id:molineblog:20170130230812j:plain

 

 

つまらないブログ

これほどまでに個人的なメディアが、その人自身の色合いを、濃密に表出していないはずがない。

 

ブログを始めてみようという思いのキッカケとなった、立花岳志さんのセミナーでも仰っていたが、「そのブログがつまらないとしたら、それを書いている人の人生がつまらない」のだ。

 

 影響力を大きくして、たくさんの方に読んでもらおうとするなら、地道に継続することが何よりも大切だろう。ただ、何の変哲もない他人であるオジさんの日常を、毎日せっせと読んでいる人がいたとするなら、それはかなり奇特だ。

 

自身の人生をブラッシュアップして、希少性の高い人に変わっていく必要がある。それが自分の〝ブランド力〟を引き上げるし、もちろん継続のモチベーションにもなる。

 

 

ブログは自分を表現する場

例えば、「〇〇さんが、こう言っていました」というのを、わざわざ自分のブログで発表してあげる必要はない。

 

大切なのは、自分がどう言ったか、自分がどう行動したか、自分がどう感じたかであって、それを自分の言葉で伝えることだ。

 

人が言うことを耳にすると、あたかも最初から自分もそう感じていたかのように思ってしまうことがある。他人の思いを伝えるのに、自分の口を貸してあげるだけの結果になりかねない。もしそうしたら、その時の自分は、他人がイメージする自分そのもので、一切の驚きも含まない。感動も驚きもないなら、当然あっという間に忘れ去られ、存在そのものが一瞬で失せるだろう。

 

周りの人の目というフィルターを通した自分を、そのまま表現するのではなく、他人に映らない自分を出さなければ…。

 

しかし、そんなに難しいものではないはずだ。僕を含めて誰もが、もう既に、他人とは比較のしようがない程に「特別」な存在なのだ。

 

角張って、飛び抜けたままの自分を思い出してみるだけでいい。丸く削られた後の、最大公約数的な自分ではなく、反発を食らいそうなくらいのありのままの自分は、もうそれだけで十分に魅力的に違いないのだ。

 

言い換えるなら、邪念が入り込む隙間をも与えず、さっさと閃めきのみで行動した方が、絶対に面白い。ココロまでも、どれほど健全に変わっていくのか、知れたもんじゃない。メチャメチャ楽しいじゃないか。

 

 

f:id:molineblog:20170204174924j:plain

 

 

 

ブログの向こうの読者をより意識する

当然だが、半分自己満足のようなブログとはいえ、読者をより意識した作りに変えた方がいい。

 

自分のメッセージが、他人の行動に影響を与えるとしたら、それはとても嬉しい。もちろん、プラスの感情を増幅するものであることが大切だが、自分の発信力が「役に立った」と感じられる時、それは、世の中に幸せをもたらすのに一役買った、ということだ。

 

 

ブログ人生継続宣言

2年間で400オーバーの記事数は、少ない。本当はもっと数を重ねたかったので、不満だ。しかし、更新が滞り気味になったことがあった割には、「もう止めよう」と思ったことは一度もなかった。少しずつではあるものの、常に変化が感じられたからだろう。

 

試行錯誤しながら、とにかく少しでも前へ進む。立派な人生訓じゃないか。それでいい。

 

やがて、マイペースが加速度的にクルクル回り始めるのだ。継続の先にその瞬間が訪れるのは、偶然でも運でもない。必然なのだ。

 

 f:id:molineblog:20170204174536j:image

 

 

 

小豆島名物の移動販売「ピザ はるや」を食してみた

小豆島の島内各所に、何ともヘンテコな車で出没する、移動販売のピザ屋さんを目撃された方も多かろう。

 

もちろん僕も前から気になっていたが、今回初めてコンタクトできた。

 

ホンワカと温かい、不思議な雰囲気が心地良い、名物ピザ屋さん「ピザ  はるや」をレポートする。

 

 

ピザ はるや は突然現れます

 移動販売とはいえ、夜鳴きそば風にウロウロしてるわけではなく、その日1日は此処、明日はあっち、みたいな感じの「定点停泊型」だ。何処にいるのかを、FBで確認してから探して欲しい。

 

 僕がお邪魔した日は、「土庄港に夕方まで居ます」とのことだった。

 

着くと、すぐに分かった。 赤と白のボディーが、かなり目立つ。

 

 

f:id:molineblog:20170201231330j:plain

 

 

 店長と遭遇

店長の城石さんとは、この時初めてお会いした。

 

特別に小豆島の人を贔屓目に見るわけではないが、穏やかでのんびりと人の良さそうな感じは、いかにも小豆島人って、疑いもなく思ってしまう。 そう、この方、根っからの肥土山育ちで、「いいとこですよ」とアピールされてしまった。

 

「ピザ はるや」は、この店長の雰囲気そのもののお店であることを、一瞬で理解してしまった。

 

 

マルゲリータ

 ここは、一番オーソドックスに「マルゲリータ」をオーダー。初対面の店長と話し込むうちに、あっという間に焼きあがった。ほんの5分で出来上がり。外は寒いし、すぐ横の食堂のテーブルを借りて、戴くことにする。

 

 

f:id:molineblog:20170201235111j:plain

 

 

宣伝文句にある通り、外はカリッと中はモチモチなピザを、ペロッと平らげてしまった。「あぁ、美味しい!」とろとろチーズで、体も温まった。

 

いい意味で、拍子抜けするほどのシンプルさ。ズシッと変な油っこさもなく、ライトな感じ。手作り感がよく伝わって、何よりも「火で焼きましたよ」と主張してくる。ガスや電気ではなく、本物の〝火〟。かなり違うなあ、と感心した。

 

一人でLサイズはキツイと思ったが、これなら大丈夫だったかも…。ご馳走さまでした。

 

 

焼きいも屋さんのピザ版

その〝火〟についてだが、この車には紛れもない「石窯」が搭載してある。鉄か何かの容器に火が焚べてあるのではなく、ホントの窯。丁寧に作り方まで説明していただいたが、一体誰が思いついて、誰が作ったのかまでは聞きそびれてしまった。

 

それほど衝撃的だ。何しろ手作りの窯の上から煙突が伸びていて、煙が外に出るようになっている。車の中に薪ストーブがあるようなイメージである。店長は「8ナンバー取りました」と、事もなげに仰っていたが、国土交通省もなかなかやるなあ。頭固そうに見えて、これを通してしまうとは恐るべし。

 

しかし、最近は少なくなったものの、昔の焼きいも屋さんは皆こんな感じで、「ピー」って音まで立てながら走っていた。それが、ちょっと今風に、かつ洋風になっただけだと思えば違和感も薄れる。

 

 

f:id:molineblog:20170202010029j:plain

 

 

インパクトは計り知れません

見た目のインパクトも含めて、こういった「名物」が少しでも多くできることは、島にたくさんの恩恵をもたらすだろう。

 

いろんな人がいろんな形で織り混ざっているところが、小豆島の魅力の一つだと思うが、ここにも大きなピースを発見。「ちょっと軽く何か食べたいなぁ」って時には、打ってつけだ。

 

観光客にも評判が良いようなので、もっと多方面に広まっていくことを期待している。

 

 

f:id:molineblog:20170202005926j:plain

 

 

https://www.facebook.com/pizzaharuya/?fref=ts

 

 

f:id:molineblog:20170202010845j:image

パールイズミのプレミアムウィンドブレークグローブ1700 〜防寒性に文句なし〜

「寒い」を理由に外へ出て行けないとしたら、その損失たるやデカいかも知れない。気付きにくい部分ではあるが…。だから、防寒グッズをケチりたくないのだ。

 

 

〝プレミアム〟ウィンドブレークグローブ

冬に自転車に乗る時、完璧な防寒が必要なのは当然だが、特に重要なのは指先だろう。 あまり厚着しすぎると、走るうちに暑くなることもある。しかし、手だけは、一旦冷えてしまうとそれっきりだ。冷たいなんてもんじゃない。痛い。

 

そこで、ちょっといいモノを奮発してみた。

 

パールイズミのプレミアムウィンドブレークグローブ1700。今シーズンの最新バーションだ。

 

 f:id:molineblog:20170129095810j:image

 

 

能書きはいろいろあるので、確認願いたい。高機能満載だ。

 

 

www.pearlizumi.co.jp

 

 

 確かに暖かい。〝プレミアム〟を謳うだけのことはある。

 

防風性は高く、遠赤外線による発熱効果もあるとのこと。ちょっと長めで手首のところが完全に隠れるので、安心だ。立体感のある裁断がなされているそうで動きやすく、ハンドリングも問題ない。指先の厚さゆえ、シフトの操作がしにくいが、すぐ慣れた。

 

 f:id:molineblog:20170129095843j:image

 

 高いけど消耗品?

これは体質の話になってしまうかも知れないが、僕は寒くても手には結構汗をかく。ママチャリに乗る時よりは、確実に緊張感は高いので尚更だ。

 

長時間の使用後など、ほどほどにしっとりと湿っている。乾かないうちに手を突っ込むと、「冷たっ!」って感じるほどだ。

 

革ではないので、少々濡れても耐久性に影響することはないのだろうか?手のひら側が、汗で変色してしまっているのを見て、ちょっと心配する。定価で¥10,000以上もするのに、意外に早くライフサイクルが来たらショックかも。

 

 f:id:molineblog:20170129095916j:image

 

 

インナーグローグを使う方法も考えたが、そうすると頻繁に洗濯できるし、アウターは少し廉価なものでも代用出来そうな気もする。

 

この商品自体には大満足で、メッチャお薦めなのだ。しかし、それでもまた悩みが尽きないのも、真実なのだ。

 

  

 

 

 

 

中島芭旺(なかじまばお)くんって知ってますか?

芭旺って、なんじゃこの子!

 こんな子がホンマにおるんか?ってのが、正直な印象だった。この「大人っぷり感」は何や?

 

 

ameblo.jp

 

 

面識があるわけでもなく、よく分からないが、「天才少年」であることに疑いはないのだろう。と言うか、そういう伝えられ方をしてしまっている。

 

学校に行くとか行かないとか、そんなことは親の責任でどうにでもすればいい。うちの子にだって、僕はそう言っている。

 

ただ、「天才は学校になんか行かなくても大丈夫」だとか、賛美される向きに映ってしまうのには、違和感がある。

 

 

大人が面白がっているだけ?

要は、ちょっと面白い感じに大人が乗っかっているだけじゃないか。「子どもタレント」の延長線にしか見えないのだけれど、どうだろう。

 

第一、自己啓発だか何だか知らないが、「君には言われたくねぇよ!」って思えなきゃウソだ。どれだけ経験して、どれだけ苦悩して、どれだけ乗り越えてきたのか。その部分の評価を、自分で蔑んではいけない。

 

それが、こともあろうに、茂木さんだの、ホリエモンだの、果ては安倍首相夫人までが賞賛の嵐とは、恐れ入った。

 

 

行動こそが自己表現

例えば良い本を読んだり、どなたかの話に感銘を受けたり、自分を奮い立たせるきっかけになるものは多い。

 

けれど、言ってみれば、それは外から刺激を受けただけで、実は自分の中では大した変化はまだ起きていない。

 

行動に移せるかどうかが、もっと大切なのだ。

 

行動して、まぁたまには失敗もするだろうが、それらをフィードバックしながら、自分を内からも外からも熟成していく作業こそが、最も尊いのだと感じている。

 

そういった意味では、僕の場合、自己啓発本を読み漁る時期から、より行動に直結したフェーズへ移行してきたと思っている。

 

芭旺くんには悪いが、あまり「ぜひ会ってお話ししたい」とは感じないのだ。オジさんの穿った見方だと、笑って欲しい。

 

 

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる